ねちおブロガーへの道

旅行と彼女と車を好んでます

運転 イライラ抑えるにはこれが効果的!

運転と無関係に思える天気。例えば今みたいに夏の暑いときにはいつもよりイライラしてくるような経験はありませんか?

私はあります。寒いのはイライラというよりは厚着やカイロなり使って暖かくしようってなるだけです。外での寒さはこのように自分で対策がとれます。

しかし、外での暑さは半袖になっても涼しさに限度があります。氷を体に当てていてもいつかは溶けて冷めてしまいます。そう、クーラーがないと汗をかき続けていくだけで自分ではどうにも対処できないのです。

だから、夏はイライラしてくるんですよね…

今年の夏は異例でもあるのにクーラーつけず窓を開けて車に乗っている人も見かけます。倒れないか心配ですね(;゚Д゚)

 

前置きはさておき、夏に限らずとも車を運転している際に交通ルールを守らなかったり遅い車がいるとイライラしたり、逆に煽られたりとか経験がある人がほとんどですよね。

 

今回はそんなときにイライラせず対処できるような方法を自己流ですがお教えしていきます!

1.運転中のどんなときにイライラするのか

 

運転中にイライラする人だけに読んでもらいたいと思いますが、どんなときにイラっとくるか。

①割り込みされたとき

②煽られたとき

③トロトロと遅い車が前を走っているとき

④車種で判断して嘗めてかかる

などがほとんどではないですかね。なぜなら、私が今までそのような経験をしてきたからです(良いことではないですね…)。

遅刻しそうで急いでいる時に限って信号に多く引っかかってイライラしてくるという間接的な要因も考えられます。

 

煽り運転は取り締まりが強化されたこともありますし、イライラして八つ当たりしても自分の首をしめることにしかならないので、自分勝手な運転は慎んだほうがよろしいですよ!

 

煽られたときは自分が法定速度より明らかに遅く走っていないか、追い越しもしないのに

追越車線を走り続けていないかなどをまず確認してください。

 

どれも当てはまらないのに煽られているのは相手が悪いことが多いですね。気分だったり急いでいるとか呆れるような理由でしか無いです。

 

解決するには相手に抜かしてもらうように

道を譲るかドライブレコーダーで録画しておく(証拠として保存)などですかね。

 

エンジンブレーキをかけて後ろに注意を促すといった方法もありますが、しつこい人はしつこく煽ってくるので無視するのが一番かとは思います。

 

イライラを抑えるには

 

対処法は分かったけどイライラはどうやって抑えるのか。

 

中には煽られることでついカッとなってしまい逆に挑発するように蛇行してみたりブレーキを頻発に踏んでしまうことがある人もいるはずです。

 

最近では無いですが、私もカッとなることはあったのでお気持ちはよく分かります。そもそも煽るという行為をすることが理解できませんよね…。

 

追突しやすくもなりますし、わざわざ危険な状態に自ら陥ることになります。

 

怒りを抑えるということだけに言及するのであれば、そんなときは楽しいことを考えることが大切です。

明日でも明後日でも休日の予定でも良いので先に待っている楽しみやワクワクを常に考えていれば気分もその気になってきて嫌なことは頭の中から抜けていきます!

 

運転関係に限らずイライラしやすい方、

怒りを抑えられない方はその怒りを消すくらい楽しい予定を立ててみてもいいかもしれません。

 

楽しみといっても旅行や友人との予定に限らずともお酒が好きな人はお酒とおつまみを何にするかという楽しみもありますよね。

 

家でまったりするのが好きな人は休日に見る映画を何にするかとか小さいことのように思われるものでも楽しみというのは作れるはずです。

 

怒りで我を忘れてしまう人はそういった楽しみや他に考えたいことが無いことが原因の一つでもあるはずです。

 

心に余裕を持たせることが自分の言動にも余裕を持たせることになる。この2つは直結しています。

 

煽られたときの対処は上記の通りです。

怒りを抑えることに関しては、

①まずは楽しみを作る

②心に余裕を持たせる

の2つのことが手助けになるはずですので、普段の行いを振り返って余裕のある人が増えてほしいものですね。

心と運転に余裕を持ちましょう

イライラする要因は様々ですが、運転に表してしまうのは八つ当たりと変わりません。

煽り運転を見ていると心に余裕がない、急いでいるなどの印象を受けます。

皆さんには大切な人がいるはずです。

あなたが危険な運転で事故を起こしてしまい、怪我や重体になってしまったら…悲しみます。

命よりも時間を優先しますか?

しないですよね。

時間が原因で急ぐことが多いのならば余裕を持って家を出るなど工夫をしましょう。

家族や大切な人に会えなくなってしまったら一生の後悔となります。

知っておいてください。

高速道路以外で急いでも信号に引っかかるのでゆっくり走行しても大して時間は変わりません。

知らなくとも煽り運転は法律で禁止されています。

してはいけないのです。

 

軽く考えずに今一度、自分の運転を見直してみてください。

 

ぜひ、落ち着いて安全運転を心がけましょう。

命を大切に。