ねちおブロガーへの道

旅行と彼女と車を好んでます

【新入社員にも読んでほしい】定時で帰れ!会社で残業しない方が良い理由

どうも。
ねちお(@nechio_menhera)です。

会社で働かないで稼げれば良いのですが、大半の方は会社に勤めていると思います。


会社といっても様々で開始時刻や終了時刻も異なります。

しかし、労働時間は皆同じで実働8時間ほど。
この8時間も残業をしなければです


先日、ツイートもしましたが
残業しないメリットってたくさんあるんです。


皆さんが第一に考えることはおそらく体への負担、家族との時間が多いかと。

それ以外にも自分の用事を平日の仕事終わりに済ますこともできます!

残業している方は見直しましょう

残業ってなぜするのでしょうか。

中には、自分の人生における有限な時間を犠牲にしてまで
お金が欲しい方もいます。

しかし、お金のためにというならば別の稼ぎ方を生み出すことも可能です。
おそらく何も考えずに1番楽に稼げるのが残業だから、働く以外で稼ぐことを知らない人が
多いと感じています。

残業をすることは偉くも何ともありません。
業務は定時間内に終わらせるのが普通なのです。

そのための定時間が設けられているのです。

人生の時間は有限です。お金では買えません。
お金よりも時間を大切にすることで心に余裕やゆとりが生まれます。

ストレスも減っていきますし、仕事終わりに様々なことができるのです。

ぜひ、残業をせずに定時で帰る努力をしてみましょう。

定時で帰るのが普通


そもそもの話になるのですが、
会社員は定時で帰るのが普通だと思っています。


残業ってその日にやらなければいけないことが終わらなかったらするというのは分かります。


それが自分の手際が悪いとか非効率で
改善の余地があるならば、改善しつつ残業を無くせばいいと思います。 



しかし、それでも残業をする意味が分かりません。


終わらないような仕事量を負担させるような人事配置や人数構成をしている会社にも原因があるはずです。

残業で稼ぐとか正気?

上司や同僚がよく言うのが、「残業すれば稼げるからいいよ」って。



え!?正気ですか? 


たかが2、3万円稼ぐために一日2、3時間も体と時間を売って仕事するんですかね。


そんなのとてもやる気にはなりません。


どちらも大事ですが、時間を売るより体が問題。


体への負担が定時上がりの人と月40時間ほどは変わるわけです。


1日8時間労働ならば、ひと月に+5日も働いているんですよ?


一年間では60日。恐ろしいです。


この負担が続くことで最近話題となった残業100時間する体が悲鳴をあげて、
心臓病も含めた病気にかかりやすくなってしまうということです。


月2、3万なんて副業でも全然稼げます。


アフィリエイトのセルフバックや不要なものをフリマで売るなりすれば届かない額ではありません。


毎月固定で稼ぐのは難しいかもしれませんが、残業があまりにも多いならば転職しないと環境は変わりません。


毎日1時間でも残業してる方は人生としても無駄な時間ですので早めに環境を変えることを勧めます。


なぜなら、仕事終わりの生活の仕方が本当に変わるからです。


定時で終わると良い点はたくさんあります。

定時に上がると良い点

定時で終わると何が良いのか。


体への負担が最小限で早く帰れることが1番の良さかもしれません。


それ以外にも、
・医者へ通える(良い内容ではないですが…)
・外食できる
・ゆっくり自炊も可能
・車のメンテナンスもできる
彼女とイチャイチャできる!
・友人と食事
・副業する

などなどメリットはたくさんあります。


ここまでのメリットを捨ててまで残業して稼いで時間と労働力を売り続けるのでしょうか。


残業してる人がお金のためなら頑張れると言っているのが疑問でなりません。


そして、人生の時間もすり減らしているということです。

時間は取り戻すことができず、人生も一度きり。

どう生きるかは自分で決めるんです。


お金だけに囚われずに生きたい人は職場の現状を把握して働き方を見直してみても良いですね。

定時であがれない原因

定時であがれない人の原因として考えられることを以下に挙げました。

・単純にキャパオーバー
・上司の顔色をうかがっている
・明日に回してもよい無駄な仕事をしてしまっている
・効率が悪いやり方をしている

キャパオーバーであるとすれば会社に問題があるでしょう。
人員の確保や業務分担の見直しなどの改善を図ることが必要になりますし、解決していかないと現状は変わりません。

上司に相談して対策を練るように試みましょう。社員全員にとっても仕事の効率化や分散化を見直す良い機会になります。

定時であがることに抵抗を感じる、上司の顔色をうかがっている方は今すぐに辞めましょう。
残らなければいけない理由があるのか聞き返す勢いでいいのです。

部下は先に帰ってはいけない決まりはありませんし、元から上司の業務であるならば無理に手伝う必要もありません。
いちいち気にしていたら仕事以上に神経をすり減らしてしまいます。

早く帰るななどと怒鳴る上司がいるのであれば異動か転職を考えましょう。
相手の変化を期待するよりも自分で環境を変えた方が状況を良くするまでの時間が早いです。

一方で、自分が効率の悪いやり方をしていないかも見直しておきましょう。
毎日残業しているけれど効率化を図ることで残業せずに定時で帰れるようになる可能性もありますよね。
常に改善点を考えることも定時であがれるようになるための1つの手段です。

ぜひ定時に仕事を終わらせて、やりたいことへの時間を増やしていきましょう。

まとめ


時間は皆平等であって、いつ・何が自分の身に起こるか分かりません。


あと、5年しか無かったら…あと1年しか無かったら…


そう考えたときにでも優先することは
仕事でしょうか?残業して稼ぐことでしょうか?


ねちおならば、一緒に旅や車でのんびりドライブしつつ自由なストレスレスな生活を送ります。


人生は長いようで短い。


まだ自分は若いですが既に残りの時間を考えています。


やりたいことをやり残さないように生きるには今後どうしていけばよいかを常に考えています。



皆さんにもやりたいことって必ずあるはずです。


貯金に回すために旅行や外食を我慢することを行っている方もいらっしゃると思います。



それが未来のためになるのは当然ですが、人生を後悔しないためにもやりたいことをやりながら生きたいですね。



たとえ、貯金が無かろうが生活できるお金があるだけでも生きることはできるはずです。


とはいえ、自分も貯金はしています。


それでも今すぐにでもやりたいことだけやって生きたい。


会社に行くと体が拒否してしまいますし、おそらくやりたい事ではないんだと感じています。


人生を楽しくするためにも副業をおこなったり、せめて定時で帰れる会社を探して時間を有効活用しましょう!



人生は本当に大切です。
自分のための生きましょう。



最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m