ねちおブロガーへの道

旅行と彼女と車を好んでます

【嫌なら無理にしなくてよい】学生時代にバイトの面接をバックレた話

どうも。
ねちお(@nechio_menhera)です。

働くことしか知らなかった学生時代。


4年生の頃は週4、5回でひたすらバイトして月10万円くらい稼いでいました。


お金貰えれば何でもいいと思ってました。

でも、バイトの面接をバックレたことがあります。

バイトは本当に楽しくないと苦痛

アルバイトって正社員とパートよりも下の条件で働く雇用形態です。

どんなに頑張っても成果を上げてもボーナスが出るわけでもなく時給もすぐ上がるわけでもありません。
とても風通しの良い職場ならばすぐに対応してくれる可能性はあります。

バイトから正社員登用もあり得るでしょう。

バイトでも正社員でも大切なのは環境です。
仕事内容が好きでなくても、人間関係が良好であればそんなに苦になりません。

人間関係が悪いといくら仕事が好きでもストレスのほうが大きくなってしまいがちなのです。

ドライな関係を保てる方ならば、やっていけそうですが無理して続けることは必要ありません。


アルバイトを始める方はぜひ、環境を重視してバイト先を決めて貰えればと思います。

やりたいバイトがなかった


学生時代のバイトはシフト制2つと日雇い3種類しかやっていません。

なぜかと言えば、やりたいバイトなんてなかったからです。


お金が貰えればそれでいいやとしか思えずに業務も最低限しか覚えてすらいませんでした…。

時給の高い他のバイト探そうなんて探すときもありました。


探して思ったのは、けっきょく人間関係は変わるし、新たに覚えることが多くなります。


やりたいバイトなんてないんです。

これは仕事も同じでした。


就活で企業探しても入りたいなんて思える会社はない。


やりたいことをやりながら生きるって自分で切り開いていかなければいけません。

世の中にはやりたい仕事なんて存在しないことを痛感しました。

面接をバックレた


ある夏に、時給高くていいなーなんて思ったプールのバイトがあったんです。


その当時は前のバイトを辞めてニートだったのでバイト面接を受けようとしていたところでした。


いざ電話して日時を決めたのですが、
バックレました。笑


面接って30分もたたずに終わります。


別に面接をすることが苦ではないのです


嫌なのは面接をするために費やす1日そのものなのです。


今どきテレビ電話でもよくない?
って思いましたね。


そんな数十分で終わるバイトごときの面接に交通費をかけてまで行く必要性を感じませんでした。


そして、面接の日にバックレたくなったのは同じくやりたいことではなかったことにつきますね。


無理に探したところでやりたくないことなんだと言い聞かせてそれ以降は日雇いで異なる業務を選んでやってました。


面接担当の方、バイト面接をバッくれてしまい申し訳なかったです_(_^_)_

バイトの種類は様々

アルバイトとは言ってもスーパーのレジや品出し、日雇い、短期、リゾートバイトなど種類もたくさんありますね。


短期や日雇い以外は、基本的に固定シフトや最低週○回など決まった時間や回数で出勤しますね。


最初はスーパーとか回転寿司チェーンでシフト制でやってました。


しかし、気づいたんです。


シフト制バイトの効率の悪さに。


1日のうち夕方から夜の5時間だけやって5000円


月10万円稼ぎたかったら20回出ないといけませんね。



でも、日雇いならば実働8時間で8000円です。


朝から夕方まで使える日があるのが前提ですが、13回で済むんです。



学生の中でも講義が少なくなってくる大学3、4年生は日雇いを組み込んでいくと少ない日数で稼げます。


あ!
でも、ちゃんと単位取れていればの話ですよ?笑


4年生ギリギリまで講義を受けると就活やバイトも入れづらくなるので勉強は気を抜かずに!

シフト制+日雇い

学生全体におすすめするバイトの稼ぎ方はシフト+日雇いでやる。


講義がある日はシフト制で夕方から夜まで働く。


休日使うのがもったいない方は日雇いを土日のどちらかにだけにする。


といった工夫をすると1日を無駄にしないでお金を稼ぐことができます!


派遣の日雇いならば、自分でシフトを組んで働く場所も選択できるので毎回異なる職場でバイトは新鮮さがあります。


掛け持ちすると複数の収入源を持つという感覚を若干体験することができるはずです。

どちらかのバイトがクビになったり辞めても収入はある。

1つのことで収入を得ることのリスクをぜひ考えていただきたいものです。

目的はお金が欲しいだけ

バイトを頑張る理由はお金が欲しいから。

そして、お金が貰える手段がそれしかないと思いこんでいたからです。


今は労働以外にも稼げることを知っているから働くだけで生きていくことは考えていません。

だから、会社員もいつまでやるかも分からないし辞めたい気持ち家のほうが大きいです。

バイトと同じくブログで稼げるならばひたすらブログを書きまくる。

稼ぐという意味では同じことです。


バイト→ブログへ変えるだけなんです。


実現できるようにひたすら記事を書いていくつもりです。

楽しく稼ぐことがどれだけ大切なことかバイトをしてきて思い知りました。

業務も好きなことをやって人間関係も関わりたい人だけと関わっていきたい!!

好きなことをやろう


バイトは好きなことを選ぶこと。

嫌なこと、やりたくないことをしていても長くは続きません

これはバイトに限らず仕事や趣味も同じです。


そもそもの話、働いて稼ぐことしか知らないで学生生活を終えないで欲しいです!

お金の稼ぎ方は他にもたくさんあって、会社に勤めることが目的でもありません。

必ず会社員にならなければならないなんて規則は無いんです。

自分が生きたいようにやりたいことができる人生設計をしていって欲しいものです。



最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m