ねちおブロガーへの道

旅行と彼女と車を好んでます

【面倒くさいけど便利!?】セルフレジを使うメリットは消費者にも存在することに気づいたワケ

どうも。
ねちお(@nechio_menhera)です。

メンヘラ彼女と同棲しているため、食材の買い出しに週一度は行きます。
買い物するスーパーで最近見かけるようになったのが、セルフレジです。

自分でレジ打ちといっても、年配の方など使い方が分からなければ説明してあげるなど無駄な手間がかかるのも事実です。


そこで、今回はセルフレジの消費者側が利用するメリットは何か。
わざわざ自ら労働してまで利用すると得ることができることを書いていきます。


セルフレジを今まで利用しようとしなかった方にも参考にして頂き、
パターンによってレジ使いを使い分けてもらえると幸いです!

セルフレジの目的

お店としては有人レジに並ぶ列を減らすことで従業員の負担軽減と回転率アップの効果が主な目的といったところでしょう。
夕方に長打の列をよく見ますし、いくらレジ打ちが早い店員の列に並んでいても時間はかかります。

つまり、混雑解消として店は大金をかけてまで設置していることになります。

個人的には設置費用を取り戻すまで時間かかりそうですし、
人手が集まりそうな状況であれば有人レジを1つ2つばかり増やす方がコストが少なく済む気がします。

今のご時世では人手不足もあるため、新たに人を雇ったとしてもいつまで働くかも分かりません。それを考慮するのであれば、セルフレジの方が効率や生産性も良いし確実といえます。

消費者にとってセルフレジは便利とは限らない

店舗が効率化を図る一方で消費者側はどうでしょうか。

厳しい言い方をしてしまえば、
なぜレジでの労働対価を貰う人間がいるのに自ら労働をしなくてはならないのか疑問に思いました。

お客が労働してしまっては無給で店員のように働いていることと同じです。
という点が気になってしまい、商品が少ないとき以外は基本的に通常のレジに並ぶようになりました。

しかも、レジ打ちの速さによってはセルフで打つと3人ほど並んでいる通常レジよりも遅いなんてこともあります。

効率化や回転率を上げるためとはいえ、皆がレジ打ちに慣れている前提でなければ計画しているような成果は
実現しづらいと感じました。


改善案としてせめて、GUのような置くだけで自動でバーコード読み取り計算をしてくれるような
レジがありがたいです。

セルフレジを利用するメリット

万人が上手く利用できるとも限らないセルフレジではありますが、
ねちおも買い物で利用してしまう時もあります。

普段は、セルフで打つとかやってられるか!という感情ですが利用してしまう理由がありました。

・財布を食費専用に分けてある
・購入する商品が1個のみ
・対人がないため、気疲れしない

の3点になります。

財布に関しては、同棲のため食費を折半しているのですが食費のみを入れる2人の財布があります。

毎月15000円ほど入れているのですがティッシュ・シャンプーといった日用品もここから出すため、
お金が足りなくなるときがあります。

通常レジでは焦って自分の財布からお金を出さなければならないです。
しかし、セルフならば自分のペースでゆっくり支払いが可能です。

さらに言えば、細かい小銭も機械が数えるため、遠慮なく使うこともできるといった差異に気づきました。

財布を複数に分けている方には便利な面があるということです。


2つ目は、購入する商品が極端に少ない場合です。
おにぎり1個、飲み物一本購入のためにレジにならぶことはさすがに時間が無駄になってしまいます。
普段から使わない方でもこういった場合はセルフの方が買い物時間も短くて楽です。


3つ目としては、対人が面倒で避けたいときです。

元々から人と会話することが得意でない人や仕事終わりで疲れていて対応が面倒という場合にもおススメです。

セルフレジでは一度も話す必要がないからです

お弁当を購入した際に必要な割箸やゼリーなどに使用するスプーンも設置されたあるため、
欲しいときは取っていけば良いのです。

ねちおも気疲れしないことに気づいたのは後々で、確かにストレスや緊張もなく快適でした。


最後のメリットとしては
両替として利用できる点です。

両替といっても商品の代金を払いつつの話にはなります。
1万円をくずしたいときに買い物ついでに金額と無関係に使えばいいのです。

会計が10円だろうが、250円だろうが1万円を出してしまいましょう。

セルフでなくとも通常レジでも払えますが、
100円の会計に1万円は出しづらいですよね。

変な遠慮や躊躇してしまう心理が生まれないことがセルフレジの良い点となります。

セルフレジは使うべきか

利用しない人にとってはあまり馴染みのないセルフレジ。

セルフレジを勧めたいパターンとしては、

・財布を複数保有していてお金を使い分けたい
・購入商品が少ない
・対人を避けたいとき

・両替をしたい

といったことに利用するのがベストかと思います。

自らレジを打たなければいけないという見方を変えてみると新たな発見があり、
利用価値が高まるかもしれません。

セルフレジはレジ待ち列を避ける以外にも多くのメリットや使い道があることが分かりました。

共感された方はぜひ、この機会にセルフレジを活用してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m